Home > P.383

P.383

  • Last Modified: 2008年12月 1日 23:55

このページは、株式会社技術評論社より刊行されている実践 Web Standards Design に記載しているソースコードのサンプルを呈示しています。 書籍該当部分と照合しやすいように前後の解説文も掲載していますが、あくまで照合用のため、適宜前後を省いたり内容を省略したりしています。 書籍を読みながら実際にサンプルを表示する際の補助資料として活用してください。

また、 XHTML ソースと CSS ソース、関連画像を含めた全サンプルの ZIP アーカイブ (3,104,743 Bytes) もダウンロードできます。 ( ZIP アーカイブには解説文は含まれていません。)

解説 (1)

画像置換の一般的な問題として、 CSS がオンで画像がオフという環境では、内容が表示されずに情報が伝わらない状態が発生するということがあります。 最初から img 要素でマークアップして適切な alt 属性を用意しておくという選択もあるでしょう。

サンプルとして、次のような h1 要素に対して画像置換を適用します。

XHTML

<h1>Web Standards</h1>
<p>本書で取り上げるWeb Standardsという概念ですが、それは一体どういうものでしょうか。The Web Standards Project という団体がWeb Standardsの普及を推進しており、FAQ [Japanese Translation] にてその定義が示されています。以下、簡単に抜粋して解説します。</p>

Download(1)

解説 (2)

背景画像と同じ幅と高さを指定し、テキストをインデントで画面外に飛ばしてしまう方法です。 ただし、 CSS がオンで画像がオフの環境では、何も見えなくなってしまい、情報が伝わらなくなる問題があります。

CSS

h1 {
  width: 350px;
  height: 80px;
  background: transparent url(image.jpg) 0 0 no-repeat;
  text-indent: -9999px;
}

Download(2)

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://lh3.jp/files/system/mtos/mt-tb.cgi/149
Listed below are links to weblogs that reference
P.383 from lh3.jp

Home > P.383

Tag Cloud
Categories
Archives
Search
Feeds
  • Feed by feedburner.jp

Return to page top