Home > 実践 Web Standards Design p.128

実践 Web Standards Design p.128

  • Last Modified: 2008年11月30日 11:08

このページは、実践 Web Standards Design が第 1 刷・第 2 刷から第 3 刷となる際に、仕様自体の変更によって内容を修正した分について公開しています。

Column 次世代のXHTML&CSS

現時点でのXHTML&CSSの主流は、本文中でも解説している通りXHTML 1.0(Second Edition)とCSS 2.1です。

W3Cでは次世代のXHTML&CSSとしてXHTML 2.0とCSS3を策定中ですが、勧告まではまだ多くの時間を要するでしょう。 本書でも一部XHTML 2.0の考え方や、モダンブラウザが先行実装しているCSS3のセレクタを紹介していますが、やはり現時点ではXHTML 1.0(Second Edition)とCSS 2.1を用いたWebデザインをしっかりと身に付けておくことが重要だといえます。

なお、XHTML 2.0は2002年8月5日に最初の草案が登場した後に何度か版が重ねられ、2007年1月現在は2006年7月26日に発表された草案が最新となっています。

一方CSS3はいまだCSS: Current Workというスペースに置かれ、モジュールごとの進捗が示されていますが、これもほとんどは草案段階に留まっています。 なお、CSS Snapshot 2007という文書の草案が2007年10月19日に公開され、CSSの仕様の現状がまとめられています。 この文書はWeb標準Blogの翻訳による日本語訳が紹介されていますので、参考にするとよいでしょう。 (※CSS Snapshot 2007は2008年5月16日に最終草案が発表され、日本語訳もそれにあわせて更新されています。)

URL XHTML 2.0
http://www.w3.org/TR/xhtml2
URL CSS: Current Work
http://www.w3.org/Style/CSS/current-work
URL CSS Snapshot 2007
http://www.w3.org/TR/2007/WD-css-beijing-20071019
URL Web標準Blog
http://standards.mitsue.co.jp/
URL CSS Snapshot 2007(日本語訳)
http://standards.mitsue.co.jp/resources/w3c/TR/2007/WD-css-beijing-20071019/

UAが適用するべきデフォルトスタイルシートのサンプルはCSS 2.1Default style sheet for HTML 4にて示されています。

URL CSS 2.1 [Default style sheet for HTML 4]
http://www.w3.org/TR/CSS21/sample.html
※1
When serving an XHTML document with this media type, authors SHOULD include the XML stylesheet processing instruction [XMLstyle] to associate style sheets.
※2
http://www.w3.org/TR/css3-speach
※3
http://www.w3.org/TR/CSS21/aural.html
※4
User agent: Conforming user agents must apply a default style sheet (or behave as if they did). A user agent's default style sheet should present the elements of the document language in ways that satisfy general presentation expectations for the document language (e.g., for visual browsers, the EM element in HTML is presented using an italic font). See A sample style sheet for HTML for a recommended default style sheet for HTML documents.
Note that the user may modify system settings (e.g. system colors) that affect the default style sheet. However, some user agent implementations make it impossible to change the values in the default style sheet.

Home > 実践 Web Standards Design p.128

Tag Cloud
Categories
Archives
Search
Feeds
  • Feed by feedburner.jp

Return to page top