Home > makoto > 原稿書きとトラックダウン・マスタリング

原稿書きとトラックダウン・マスタリング

こんばんは、 hxxk.jp の真琴です。 これまで私が 3 つの記事を書いていますが、サイトを構築しましただの WordPress から Movable Type Open Source に変更しましただのこんな設定をしましただの、お知らせ的かつ Web 的なネタから抜けきれていないものばかりですね。

Hello world! でも 読者への情報提供、あるいは Lucky bag::bloghxxk.jp3ping.org には書きにくい話題などをこちらに気軽に書けるような weblog になれば と(私の個人的な意見を)書いていますので、 Web じゃない雑文などもちょこちょこ書いていきたいと思います。 もちろん、実践 Web Standards Design - Web 標準の基本と CSS レイアウト & Tips のことをしっかりと書いていくことも重視したいと思っていますが。

それでここからが今日の雑文なんですけれど、今の私が身を置いている状況って、例えるなら音楽活動に似ているんじゃないか、と最近思いました。 まあ待て、「いちいち例える意味が無い」とか、「違うよ、音楽とは全然違うよ」とか、「お前はいきなり何を言い出すんだッ」とかいう声は最後まで取っておいてください。

私は主にロックバンドの形をとっている音楽を好んで聴いているのですが、その状況に置き換えて考えると、ふだんはそれぞれ個人の活動の範囲で weblog の記事(例えるなら CD シングル)を発表し、ふとしたきっかけで市瀬さん・福島さんと組んで、多くの時間をかけて実践 Web Standards Design - Web 標準の基本と CSS レイアウト & Tips という本(例えるなら CD アルバム)を発表し、光栄なことに現時点で 2nd プレスおよび 3rd プレスまでかかっている感じだなあ......と。

もちろん、この 3 人はあくまで原稿や図版などを作っただけであって、

  1. 原稿作成に至る前段階で企画を立案し、リリースまでのスケジュールを立てて私たちと契約等の交渉を重ねた人
  2. 私たちから上がってきた原稿や図版をチェックし、変な部分が無いか、もっと良くなる部分が無いか何度もやりとりを繰り返した人
  3. チェックを通った原稿や図版を組版に流し込み、ページ割や目次、索引などを構築する人
  4. 表紙や本文のデザインを行い、装丁を行った人
  5. 実際に印刷・製本を行った人
  6. 取次を通じて営業を行い、全国の書店に配本した人
  7. 配本が確定した書店に、取次から各書店へ配送した人
  8. そして、実際にお金を出して本を買ってくれた人

と、様々な人がいることによってこの本ができあがったのです。 (組版やデザインのあたりはこの順番で合っているかわかりませんが。) これって、いわゆる

  1. レコード会社との契約
  2. レコーディングされた音のチェック
  3. トラックダウン
  4. マスタリング
  5. ジャケット・ブックレット・盤面のデザイン
  6. プレス
  7. ディストリビューション
  8. リスナーが購入

という流れとほとんど同じだなあ、と。 場合によってはレコード会社との契約などをせずにインディーズで CD をリリースするバンドもいるでしょう。 その場合は Web サイト上でのプロダクトや、あるいは同人誌・個人出版などに置き換えるといいかもしれません。

私が好むアーティストの場合はまずバンドを組んでからライブ等で実力や人気を育て、一定の評価を得たところでソロ活動や新たなプロジェクト等へ移行......というパターンが多いので、それぞれ個人で動いていた連中が集まって組んだこのトリオとはそこがちょっと違うところですが。 (福島さんはトリオでの活動の後にソロアルバムをリリースしている、というのもなんだかバンドに例えたくなった一因です。)

なんで急にこの話を?と思われるかもしれませんが、以前似たようなことを書いていましたし、 hxxk.jp では正式に触れていませんでしたが、出版元である株式会社 九天社が破産申し立てを行っており、「自分たちが持っている権利はどの範囲までになるのか」という話をした際に、「あくまで自分たちはテキストデータ・画像データとしての原稿を作っただけで、トラックダウンやマスタリング、ジャケットデザインは行っていないから、組版や装丁の権利は無いだろう」みたいなやりとりをしたから雑文として書いておこうと思ったのです。

......ということは、元のテキストデータに再度目を通すのはどう例えるんでしょう。 ミックス前の 8 トラックないし 16 トラックの MTR で録音した音を再度聞きなおしている感じでしょうか?

Comments:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://lh3.jp/files/system/mtos/mt-tb.cgi/5
Listed below are links to weblogs that reference
原稿書きとトラックダウン・マスタリング from lh3.jp

Home > makoto > 原稿書きとトラックダウン・マスタリング

Tag Cloud
Categories
Archives
Search
Feeds
  • Feed by feedburner.jp

Return to page top